コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅政友 すがまさとも

3件 の用語解説(菅政友の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菅政友
すがまさとも

[生]文政7(1824)
[没]1897
水戸藩士。彰考館員となり,豊田天功藤田東湖に学び国史に通じた。明治維新後,石上 (いそのかみ) 神宮宮司となる。『菅政友全集』がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅政友 かん-まさとも

1824-1897 幕末-明治時代の歴史家。
文政7年1月14日生まれ。常陸(ひたち)水戸の医師。藤田東湖らにまなぶ。水戸藩士となり,安政5年から彰考館につとめる。廃藩後太政官修史館,帝国大学で修史事業に従事。明治30年10月22日死去。74歳。字(あざな)は子干。号は桜廬。名は「まさすけ」ともよむ。著作に「南山皇胤(こういん)譜」「古事記年紀考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

菅政友

没年:明治30.10.22(1897)
生年:文政7.1.14(1824.2.13)
水戸藩士。明治時代の歴史家。水戸に生まれる。郷校の館守(事務長)を経験して,安政5(1858)年彰考館に入り『大日本史』の編纂に従事する。明治6(1873)年石上神宮大宮司に転じ,古伝にいう神地から七枝刀や古玉を発掘して,考古学に貢献した。10年から修史館第2局乙科に属して,重野安繹を領袖にする考証史学の興起に参加した。考証に優れ『日本書紀』の紀年と長慶天皇の即位を否定して,水戸藩の史家と対立した。<著作>『菅政友全集』<参考文献>清水正健『増補・水戸の文籍』,瀬谷義彦『水戸藩郷校の史的研究』

(秋元信英)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菅政友の関連キーワード谷勤水戸街道大関俊徳杉山彬鈴木大津田東巌内藤耻叟服部正義日置源次郎三木直

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone