コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊吸天牛 キクスイカミキリ

2件 の用語解説(菊吸天牛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きくすい‐かみきり〔キクすひ‐〕【菊吸天牛】

カミキリムシ科の昆虫。体長6~9ミリ。体は黒く、胸部背面に赤黄色の斑紋が一つある。菊・ヨモギなどの新しい茎にかみ傷を輪状につけて産卵し、しおれさせる。きくすい。 秋》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きくすいかみきり【菊吸天牛】

コウチュウ目の昆虫。体長9ミリメートル 内外。黒色で前胸の中央に赤い紋があり、上ばねは青灰色。長い鞭むち状の触角がある。キクの茎に輪状のかみ傷をつけて産卵し、幼虫は茎の中を下方に食い進み、根で蛹さなぎとなって越冬する。キクの害虫。菊吸。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone