コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊岡如幻 きくおか にょげん

2件 の用語解説(菊岡如幻の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊岡如幻 きくおか-にょげん

1625-1703 江戸時代前期の国学者。
寛永2年生まれ。生家は伊賀(いが)(三重県)上野の豪商久米屋。北村季吟(きぎん)について国学,和歌をまなぶ。百科事典「世諺一統(せげんいっとう)」,郷土史「伊水温故」,教訓書「柴栗草紙」,伊賀越(いがごえ)敵討(あだうち)物「殺法転輪記」などの著作がある。元禄(げんろく)16年5月7日死去。79歳。名は行宣。別号に随世軒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

菊岡如幻

没年:元禄16.5.7(1703.6.20)
生年:寛永2(1625)
江戸前期の国学者。名は行宣,別号を随世軒という。伊賀国(三重県)上野福居町の豪商久米屋菊岡市左衛門行正の子。北村季吟に師事。著書には,郷土史の『伊水温故』4巻(1687)や『伊乱記』のほかに,伊賀地方の民話を集めた教訓書『柴栗草子』も知られ,最近,伊賀越敵討物の『殺法転輪記』(1678成)を綴った如幻の手法と影響について詳細な研究が進められている。<参考文献>『三重先見伝』『参考伊乱記』,上野典子「伊賀越敵討物『殺法転輪記』の転成」(『近世文芸』47号)

(ロバート・キャンベル)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菊岡如幻の関連キーワード今村宗博岩月白華中川経盛関常明堤盛尹鍋島誠宮後朝貞藤波氏守松木満彦桜井信景

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone