伊賀越(読み)イガゴエ

精選版 日本国語大辞典の解説

いが‐ごえ【伊賀越】

[一] 奈良時代以来の街道。平城京から奈良坂を越えて山城の笠置を経、伊賀の柘植(つげ)に出て、鈴鹿関に通じる。
※浮世草子・武道伝来記(1687)八「あすは七つ立(たち)にして伊賀越(イガコヘ)に行(ゆく)とて」
[二]
① 歌舞伎。時代物。一五幕。奈河亀輔(かめすけ)作。本名題「伊賀越乗掛合羽(のりかけがっぱ)」。安永五年(一七七六)大坂、中の芝居嵐七三郎座初演。→伊賀越の仇討
② 浄瑠璃。時代物。一〇段。近松半二、近松加作の合作「伊賀越道中双六」の通称。天明三年(一七八三)大坂竹本座初演。①の書き換えで、伊賀越物の中でもっとも有名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報