伊賀越(読み)いがごえ

精選版 日本国語大辞典「伊賀越」の解説

いが‐ごえ【伊賀越】

[一] 奈良時代以来の街道。平城京から奈良坂えて山城笠置を経、伊賀の柘植(つげ)に出て、鈴鹿関に通じる。
※浮世草子・武道伝来記(1687)八「あすは七つ立(たち)にして伊賀越(イガコヘ)に行(ゆく)とて」
[二]
① 歌舞伎。時代物。一五幕。奈河亀輔(かめすけ)作。本名題「伊賀越乗掛合羽(のりかけがっぱ)」。安永五年(一七七六大坂、中の芝居嵐七三郎座初演。→伊賀越の仇討
浄瑠璃。時代物。一〇段。近松半二、近松加作合作伊賀越道中双六」の通称。天明三年(一七八三)大坂竹本座初演。①の書き換えで、伊賀越物の中でもっとも有名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「伊賀越」の解説

伊賀越
(通称)
いがごえ

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
伊賀越乗掛合羽 など
初演
安永5.12(大坂・嵐座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android