コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池常三郎 きくち つねさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池常三郎 きくち-つねさぶろう

1855-1921 明治-大正時代の医師。
安政2年8月15日生まれ。肥前小城(おぎ)藩(佐賀県)藩医の子。陸軍軍医となり,ドイツに留学して外科を専攻。明治31年第四師団軍医部長。一時公務をしりぞき,兄菊池篤忠(あつただ)とともに大阪堂島に回生病院を設立。40年復職,軍医総監となる。のち韓国の大韓病院長をつとめた。大正10年5月4日死去。67歳。東京大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菊池常三郎の関連キーワード菊池 篤忠木沢 敏大正時代木沢敏

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android