コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池武吉 きくち たけよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池武吉 きくち-たけよし

?-1336 鎌倉-南北朝時代の武将。
菊池武時(たけとき)の子。肥後(熊本県)菊池氏の一族。兄武重(たけしげ)とともに新田義貞(よしさだ)軍にくわわり,九州から京都にむかう足利尊氏と摂津(せっつ)湊川(みなとがわ)(兵庫県)でたたかう。建武(けんむ)3=延元元年5月25日須磨(すま)口の合戦を偵察した折,楠木正成(くすのき-まさしげ)らの切腹の場にいきあわせ,ともに自害したという。通称は七郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菊池武吉の関連キーワード南北朝時代湊川神社菊池武時

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android