コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菜飯田楽 なめしでんがく

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

なめしでんがく【菜飯田楽】


愛知県豊橋市郷土料理で、豆みそのたれをぬった豆腐の田楽に、刻んだ大根の葉を混ぜ込んで作る菜飯を添えたもの。江戸期、東海道吉田宿(現豊橋市)の名物料理として広まったもの。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の菜飯田楽の言及

【田楽】より

…最も有名だったのは,京都祇園社境内二軒茶屋のもので祇園豆腐と呼ばれ,味とともに竹串を2本使うことも評判だったようで,後には大坂や江戸にもこれを名のる店があった。東海道では近江の石部・草津間の目川(めがわ)の茶屋が,菜飯(なめし)田楽と呼んで売ったものが評判で,これは〈目川(女川)菜飯〉を称する店を各所に続出させた。ほかに江戸では真崎(まつさき)稲荷(現,荒川区南千住3丁目)境内の田楽茶屋,および神田鎌倉河岸の酒店豊島屋のものが名高かった。…

※「菜飯田楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報