コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菜飯 ナメシ

デジタル大辞泉の解説

な‐めし【菜飯】

刻んだ青菜を炊き込んだ飯。また、さっと湯に通して塩を加えた青菜をまぜた飯。 春》「さみどりの―が出来てかぐはしや/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

なめし【菜飯】

青菜を刻んで調味し、飯に混ぜ合わせた料理。大根・かぶなどの葉を用いる。◇田楽豆腐と大根の葉の菜飯を取り合わせた「菜飯田楽」は、江戸時代から東海道吉田宿(現愛知県豊橋市)の名物料理として知られる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

なめし【菜飯】

刻んだ青菜を炊き込んだ塩味の飯。また、炊き上げた飯に、刻んで塩味をつけた青菜を混ぜたもの。 [季] 春。 《 さみどりの-が出来てかぐはしや /虚子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

せえふぁん【菜飯】


沖縄の郷土料理で汁かけ飯の一種。煮含めたにんじんとしいたけ、青菜、薄焼き卵などを飯にのせ、豚肉やかつおぶしでとっただし汁をしょうゆ・砂糖・しょうが汁などで調味した汁をかけて食べる。宴席料理の最後に供される。◇「セーファン」とカタカナで書くことが多い。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菜飯
なめし

青菜を刻み、ご飯に炊き込んだもの。ダイコン、カブ、キョウナなどの青葉だけを用いるものと、数種の青菜を混ぜて入れるものがある。『本朝食鑑』(1695)には「その味甘美にして香よく気をおだやかにし胸を寛(くつろ)げ食気を停滞せしめず」とある。各地に名物菜飯があり、これは田楽(でんがく)とともに供することが多い。滋賀県目川(めがわ)(栗東(りっとう)市)の菜飯田楽は江戸後期からの名物で、蜀山人(しょくさんじん)は『改元紀行』のなかに菜飯を試みたことを記している。愛知県豊橋(とよはし)市の菜飯は著名である。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の菜飯の言及

【飯】より

…関西でかやく飯と呼ぶのは,ゴボウ,ニンジン,シイタケ,油揚げなどの具を加薬(かやく)(薬味)として炊き込み,あるいは混ぜたものをいうが,この〈かやく〉ももともとは助けるものの意味の〈加役〉で,増量材の意ともされる。江戸時代,東海道目川(めがわ)宿(現,滋賀県栗太郡栗東町)の名物として知られた菜飯は,カブやダイコンの葉をゆでて刻み,塩味をつけて飯に混ぜたもので,奈良茶と呼ばれた茶飯とともに広く普及したものであった。たけのこ飯,クリ飯,マツタケ飯,五目飯,あるいは芳飯(ほうはん)なども,すべてこうした変り飯である。…

※「菜飯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菜飯の関連キーワードヨッパ谷への降下御根葉・大根葉茶屋(茶店)多田鉄之助沖縄料理名飯部類混ぜご飯おでん

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菜飯の関連情報