コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

華叟宗曇 かそう そうどん

美術人名辞典の解説

華叟宗曇

室町中期の臨済宗の僧。大徳寺二十二世。播磨揖保郡生。華叟は号、姓は藤原。晩年は塩津の高源院に移る。後花園天皇から大機弘宗禅師を賜わる。正長元年(1428)寂、77才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

華叟宗曇 かそう-そうどん

1352-1428 南北朝-室町時代の僧。
文和(ぶんな)元=正平(しょうへい)7年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都大徳寺の徹翁義亨(てっとう-ぎこう)に師事。のち言外(ごんがい)宗忠の法をつぐ。近江(おうみ)(滋賀県)堅田(かただ)に祥瑞(しょうずい)寺をひらいた。門弟に一休宗純(いっきゅう-そうじゅん),養叟宗頤(ようそう-そうい)ら。正長(しょうちょう)元年6月27日死去。77歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。諡号(しごう)は大機弘宗禅師。
【格言など】滴水滴凍 七十七年なり 一機瞥転すれば 火裡に泉を酌(く)む(遺偈(ゆいげ))

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

華叟宗曇

没年:正長1.6.27(1428.8.8)
生年:文和1/正平7(1352)
室町前期の臨済宗の僧。播磨国(兵庫県)揖西の人。8歳にして大徳寺の徹翁義亨の室に入り,14歳で出家,次いで徳禅寺の言外宗忠に参じ,拈華微笑の話により悟得し印可を得た。近江国(滋賀県)堅田の祥瑞庵,安脇禅興庵に居住し,のちに大徳寺派の主流派となる養叟宗頤,一休宗純を指導した。大徳寺系の抄物『碧巌録古鈔』や『臨済録抄』に下語が引用されている。また,徳禅寺入寺を辞退するなど,大寺入寺には関心を示さず,枯淡な一面を有する。<参考文献>平野宗浄「華叟宗曇とその門下」(『禅学研究』57号)

(飯塚大展)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

華叟宗曇の関連キーワード一休

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android