コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

華庭良椿 かてい りょうちん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

華庭良椿 かてい-りょうちん

?-1488 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。生地の備中(びっちゅう)(岡山県)永祥寺の大沢慈恩に師事し,美作(みまさか)(岡山県)青蓮寺の禅室珍目の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,のち青蓮寺4世となった。長享2年1月2日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

華庭良椿の関連キーワード仙林性菊室町時代曹洞

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android