コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萱津宿 かやづじゅく

世界大百科事典内の萱津宿の言及

【萱津】より

…古代律令制下では,伊勢から尾張に入る東海道の馬津駅(まつのうまや)(現,津島市)と新溝(にいみぞ)駅(現,名古屋市か)を結ぶ草津渡があった。鎌倉時代になると,美濃墨俣(すのまた)(現,岐阜県安八(あんぱち)郡墨俣町)から尾張へ入る鎌倉街道の,黒田宿(現,愛知県葉栗郡木曾川町)と熱田(あつた)(名古屋市熱田区)の中継地として,また伊勢から津島を経てきた道と鎌倉街道との合流点にあたる要衝として,萱津宿がさかえた。東西南北の4宿があり,鎌倉時代には将軍の上下向の際にはしばしば宿泊地とされた。…

※「萱津宿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

萱津宿の関連キーワード萱津

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android