コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萱草色 かんぞういろ

色名がわかる辞典の解説

かんぞういろ【萱草色】

色名の一つ。ユリ科カンゾウの花のような黄色がかった薄い橙だいだいを表す伝統色。夏にユリのような姿の花を一日だけ咲かせる。とくにヤブカンゾウは、この花を見ると憂いを忘れるという中国の故事から、忘れ草ともよばれた。平安時代は忌事いみごとに用いる凶色であった。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんぞう‐いろ〔クワンザウ‐〕【×萱草色】

染め色の名。薄い橙色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんぞういろ【萱草色】

染め色の名。黄みの強い橙だいだい色。萱草の花の色。凶色とする。かぞういろ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

萱草色の関連キーワードヤブカンゾウ平安時代忘れ草黄み萱草色名故事

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android