萱草色(読み)かんぞういろ

色名がわかる辞典の解説

かんぞういろ【萱草色】

色名の一つ。ユリ科カンゾウの花のような黄色がかった薄い橙だいだいを表す伝統色。夏にユリのような姿の花を一日だけ咲かせる。とくにヤブカンゾウは、この花を見ると憂いを忘れるという中国の故事から、忘れ草ともよばれた。平安時代は忌事いみごとに用いる凶色であった。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かんぞういろ【萱草色】

染め色の名。黄みの強い橙だいだい色。萱草の花の色。凶色とする。かぞういろ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android