コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萱鼠 カヤネズミ

デジタル大辞泉の解説

かや‐ねずみ【××鼠】

ネズミの一種体長6センチくらいでも同じくらい。河原茂みなどにすむ。夏から冬にかけ、ススキなどの地上数十センチの所に草で球形を作り、子を育てる。日本では関東以西に分布

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かやねずみ【萱鼠】

ネズミ科の哺乳類。日本のネズミ類中で最小。体長は5~7センチメートル、尾もほぼ同長。背部は黄褐色で腹部は白色。尾をまきつけて巧みに草木に登る。湿地を好み、カヤなどの葉や茎を編み、地上数十センチメートルの所に球状の巣をつくる。穀類・種子などを食べる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

萱鼠 (カヤネズミ)

学名:Micromys minutus
動物。ネズミ科のネズミ

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

萱鼠の関連キーワード哺乳類黄褐色白色最小草木腹部種子穀類球状カヤ背部湿地