コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落合直亮 おちあい なおあき

3件 の用語解説(落合直亮の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

落合直亮

国学者、勤王家、直文の養父、通称源一郎、漢籍を菅野得斎、遠山雲如に学び、又国学を山内嘉六に受ける。大惨事の時誣言にあい、罷寃され、浅間神社などの宮司となる。明治27年(1894)歿、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

落合直亮 おちあい-なおあき

1827-1894 幕末-明治時代の国学者,神職。
文政10年8月26日生まれ。落合直文の養父。山内嘉六,堀秀成にまなぶ。尊攘(そんじょう)運動にくわわり,藤本鉄石,相楽(さがら)総三らとまじわる。慶応3年江戸薩摩(さつま)屋敷にはいり,浪士隊副総裁。維新後伊那県(長野県)大参事,伊勢神宮禰宜(ねぎ)などをつとめ,のち浅間神社宮司。明治27年12月11日死去。68歳。武蔵(むさし)多摩郡(東京都)出身。通称は源一郎。変名は水原二郎

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

落合直亮

没年:明治27.12.11(1894)
生年:文政10.8.26(1827.10.16)
幕末の志士,国学者。武蔵国多摩郡駒木野村(東京都青梅市)の関守落合俊雄の長男。母はたき。直澄,直言の兄。国文学者落合直文の養父。通称源一郎。山内嘉六,堀秀成に国学を学ぶ。ペリー来航後,尊攘論者となり,文久3(1863)年江戸に出て藤本鉄石らと活動を共にする。慶応3(1867)年10月,同志相楽総三の檄文に応じて江戸薩摩屋敷に入り,水原二郎と変名して浪士隊の副総裁となる。同年12月の,幕府による同屋敷焼打ちを逃れて上京してからは,関東の同志とは別行動をとる。維新後,岩倉具視のつてで伊那(長野)県判事となり,同県大参事まで進むが失脚。その後は各地の神社で宮司などを務めた。

(高木俊輔)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

落合直亮の関連キーワード落合直言落合直澄串木野国学者志士苦心多し高井戸小川九郎兵衛斎藤真指白石正一郎白石艶子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone