コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落(ち)潮 オチシオ

デジタル大辞泉の解説

おち‐しお〔‐しほ〕【落(ち)潮】

引き

らく‐ちょう〔‐テウ〕【落潮】

引き潮。干潮。おちしお。
物事が衰えていくこと。落ちめ。
「Y子さんには、無残と思われる程の―が来た」〈有島・宣言〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らくちょう【落潮】

ひきしお。干潮。おちしお。
衰え始めること。落ち目。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の落(ち)潮の言及

【黒潮】より

…また桔梗水(ききようみず),上紺水(ともに東北地方)は色の類似性により,真潮(ましお)(三重県など)や本潮(紀南)などの名は黒潮が漁民にとって占めてきた位置の重要性を物語っている。さらに日の本潮,上の沖潮(ともに宮崎県),北沖潮(三陸地方),落潮(おとしお)(伊豆七島)などの呼名もある。 黒潮の存在が昔から知られていたことは,例えば《平家物語》に,鬼界ヶ島(鹿児島県硫黄島)から卒塔婆を流して瀬戸内海の宮島に漂着したという話があることからも分かるのであるが,黒潮という名前が最初に文献に現れたのは1782年(天明2)に書かれた佐藤行信の《海島風土記・八丈島》であるとされており,この中に〈……これを島にて黒潮とも山潮とも唱え……〉というくだりが見られる。…

【硯】より

…形は長方形,正方形,円形,楕円形,風字形のほか,自然や人工の姿にかたどって種々の名称がつけられている。硯の表面を硯面,背面を硯背,側面四囲を硯側,硯面の縁周を硯縁,頭部を硯首,墨をする所を墨堂,墨道あるいは墨岡,墨汁をためるくぼみを墨池,硯池あるいは海,墨堂と硯池の境界部を落潮,硯背の足を硯足,硯背の空隙部を挿手あるいは抄手(しようしゆ)などという。硯面には無数の微細な鋒鋩(ほうぼう)があり,これに墨がひっかかってすりおろされる。…

※「落(ち)潮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

落(ち)潮の関連キーワードポンド(イギリスの通貨単位)ハマグリ鳴門海峡引き潮ルピー