コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉黄記 ようこうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葉黄記
ようこうき

『葉禅記』ともいう。鎌倉時代,権中納言葉室定嗣 (1208/09~72) の日記。通称の葉室と,中納言の唐名黄門との1字をとり,日記名とした。全9冊。寛元4 (1246) ~宝治2 (48) 年の京都の状況を知るうえで貴重な史料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようこうき【葉黄記】

正三位権中納言葉室定嗣の日記。中納言の唐名である〈黄門〉により名づけられているが,《定嗣卿記》《葉禅記》などの別名がある。定嗣は1208年(承元2)に生まれ,72年(文永9)に没している。1230年(寛喜2)より49年(建長1)に至る日次記(ひなみき)を存するが,46年(寛元4)以後の記事が詳しい。鎌倉時代中期の後嵯峨院政の政治状況を知る上で重要な公家日記である。《史料纂集》所収。【小田 雄三】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

葉黄記の関連キーワード別納所

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android