コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛下川 カツゲガワ

デジタル大辞泉の解説

かつげ‐がわ〔‐がは〕【葛下川】

奈良県北西部を流れる川。大和川支流の一。金剛山地北部の二上(にじょう)山(標高517メートル)付近に源を発して北流し、奈良盆地南部の水田地帯をうるおし、北葛城(かつらぎ)郡王寺(おうじ)町で大和川に合流する。長さ15キロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葛下川
かつげがわ

奈良県と大阪府の境界の金剛山地、二上山(にじょうさん)南麓(なんろく)にある竹内(たけのうち)峠に源を発し、馬見(うまみ)丘陵の西側を北流して奈良県王寺町で大和(やまと)川に合流する川。奈良盆地南西部の水田地帯を流れ、灌漑(かんがい)に重要である。かつて上流を富川といった。豪雨にみまわれ下流で氾濫(はんらん)をおこしたこともある。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

葛下川の関連キーワード上牧[町]河合[町]

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android