富川(読み)ふせん

百科事典マイペディアの解説

富川【ふせん】

韓国,京畿道ソウル市江西区・楊川区の西側にある都市。疏菜や果実(桃が特産)などを供給する近郊農村から,1970年代後半に住宅団地の建設により人口が急増し,ソウルの衛星都市に発展。中小規模の商工業活動も盛ん。85万3039人(2010)。
→関連項目京畿道ソウル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の富川の言及

【門別[町]】より

…日高山脈南西麓に位置し,山地が町域の大半を占める。市街地は沙流川河口の富川,門別川河口の門別,厚別川河口の厚賀(あつが)にあり,日高本線,国道235号,237号線が通じる。中心は門別であるが,近年は国道の分岐点の富川が発展している。…

※「富川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富川の関連情報