コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛生東介 くずう とうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛生東介 くずう-とうすけ

1862-1926 明治-大正時代の国家主義者。
文久2年11月11日生まれ。葛生能久(よしひさ)の兄。青柳高鞆(たかとも)に国学をまなぶ。「東海新聞」主筆自由民権運動を支持し,条約改正に反対し,明治22年外相大隈重信襲撃事件にかかわる。34年内田良平らと黒竜会を創立。のち大日本国防義会,海軍協会を設立した。大正15年2月8日死去。65歳。下総(しもうさ)相馬郡布佐(千葉県)出身。本名は玄晫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

葛生東介の関連キーワード国家主義者大正時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android