コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛生能久 くずう よしひさ

2件 の用語解説(葛生能久の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛生能久 くずう-よしひさ

1874-1958 明治-昭和時代の国家主義者。
明治7年7月25日生まれ。葛生東介の弟。明治34年内田良平らと黒竜会を組織。辛亥(しんがい)革命に際し中国にわたって革命派を援助する。昭和6年大日本生産党結成に参加。12年の内田の死後黒竜会主幹。昭和33年2月3日死去。83歳。千葉県出身。編著に「東亜先覚志士記伝」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

くずうよしひさ【葛生能久】

1874‐1958(明治7‐昭和33)
国家主義者。千葉県出身。本名修吉。1901年内田良平とともに黒竜会を創立。05年《朝鮮日報》を刊行し,韓国併合の実現をめざす。以後,普通選挙不戦条約海軍軍縮条約などの反対運動,国体明徴問題に関与。31年大日本生産党結成に参加し,内田良平死後,黒竜会主幹。右翼の長老的存在として,国民精神総動員中央連盟に参加し,さらに新体制準備委員として,〈観念右翼〉の立場から,大政翼賛会の〈一国一党〉化に反対した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の葛生能久の言及

【黒竜会】より

…日本の国家主義・アジア主義団体。玄洋社系の大陸浪人内田良平らが1901年東京で結成。1895年の三国干渉への不満が結成の遠因といわれる。会の名は露清国境を流れる黒竜江(アムール川)からとった。主幹は内田,幹事は葛生修亮(能久),玄洋社での内田の先輩格頭山満を顧問とした。綱領は日本がアジア民族興隆の指導者となるべきことを宣言し,藩閥官僚主義の弊害除去,〈天皇主義の妙諦〉の発揮,現行制度の改造による〈皇国〉の基礎の強化,国防の充実,国粋主義的国民教育の建設などを主張している。…

※「葛生能久」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

葛生能久の関連キーワード一般会計木村清松中国地方庵原順一佐香ハル棚次辰吉永井幸次松尾国松皆川治広宗像利吉

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone