コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葡萄唐草文 ぶどうからくさもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葡萄唐草文
ぶどうからくさもん

葡萄の,つる,葉などで構成した唐草文様。古くアッシリアに始ったといわれ,ギリシア,ローマ,ササン朝ペルシアなどで盛行し,建築の装飾,土器,織物の文様として用いられた。やがてシルクロードを経て中国,日本にも伝来。中国では雲崗石窟敦煌千仏洞の天井の装飾,敦煌出土の絹織物の文様,隋,唐の鏡背文様に用いられた。日本では白鳳時代から盛んに用いられ,岡寺はじめ大和南部の寺院の屋根瓦瓦当装飾,葡萄唐草文と禽獣を配した海獣葡萄鏡の鏡背文様,薬師寺金堂の薬師如来台座,法隆寺五重塔下北面の塑造地棺の文様,正倉院の織物の図案などの作例がある。室町時代末頃には西本願寺の書院欄間のように,建築装飾や蒔絵などの工芸意匠にも用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶどうからくさもん【葡萄唐草文】

葡萄の蔓つる・葉・房などを図案化した唐草文。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

葡萄唐草文の関連キーワード鏡(mirror)唐草文様東大寺

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android