蒲生貞秀(読み)がもう さだひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蒲生貞秀 がもう-さだひで

1444-1514 室町-戦国時代の武将,歌人。
文安元年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)蒲生郡の豪族。宗祇(そうぎ),三条西実隆,飛鳥井雅親(あすかい-まさちか)らと親交があった。「新撰菟玖波(つくば)集」に5句のっている。永正(えいしょう)11年3月5日死去。71歳(一説に86歳)。本姓は和田。法名は智閑。家集に「蒲生智閑和歌集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android