コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒲生貞秀 がもう さだひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蒲生貞秀 がもう-さだひで

1444-1514 室町-戦国時代の武将,歌人。
文安元年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)蒲生郡の豪族。宗祇(そうぎ),三条西実隆,飛鳥井雅親(あすかい-まさちか)らと親交があった。「新撰菟玖波(つくば)集」に5句のっている。永正(えいしょう)11年3月5日死去。71歳(一説に86歳)。本姓は和田。法名は智閑。家集に「蒲生智閑和歌集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

蒲生貞秀の関連キーワード戦国時代孝蔵主桜漬け

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android