コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓑田卯七 みのだ うしち

1件 の用語解説(蓑田卯七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蓑田卯七 みのだ-うしち

1663-1727 江戸時代前期-中期の俳人。
寛文3年生まれ。田上尼(たがみのあま)の甥(おい)。肥前長崎の人。唐人屋敷の組頭をつとめた。蕉門。「渡鳥集」を向井去来と共編,「去来抄」に俳論がみえる。享保(きょうほう)12年5月7日,65歳で死去。一説に延享4年(1747)1月2日死去(享年不詳)とも。通称は八平次。別号に十里亭。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

蓑田卯七の関連キーワード常行木村順成霧波尾上後藤清乗(2代)下村堤亭千田玄智念無馬場春水友我弓場弾右衛門