コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓮待 れんたい

2件 の用語解説(蓮待の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蓮待 れんたい

1013-1098 平安時代中期-後期の僧。
長和2年生まれ。真言宗。土佐(高知県)の人とも丹波の人ともいう。仁和(にんな)寺の叡算にまなび,金峰山(きんぷせん),高野山で修行。のち土佐室戸の金剛定寺(現金剛頂寺)にはいる。死期をさとって高野山にもどり,遺骸を鳥獣にほどこすことをねがうがゆるされず,土佐にもどる途中の承徳(じょうとく)2年7月8日死去。86歳。通称は石蔵聖(いわくらひじり),石蔵上人。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

蓮待

没年:承徳2.7.8(1098.8.7)
生年:長和2(1013)
平安中・後期の真言宗の僧。高野聖先駆け。土佐(高知県),あるいは丹波出身か。仁和寺で密教を修学したのち,金峰山で塩穀を断つ苦行に励み,次いで高野山に入った。久しく諸国を遍歴し,晩年病んで聖地で入滅すべく再び高野山に戻る。極楽・兜率天(弥勒菩薩の住む浄土)いずれに往生してもよいと語り,常に法華経を誦していたという。遺骸を原野に棄置して鳥獣に施すことを願ったが許されず,故郷土佐に向かう途中,没した。石蔵上人という通称や山岳修行,法華経読誦の行動からみて,半僧半俗で高野山の因縁を語りつつ全国を行脚した高野聖の先駆とみられる。「南無大師遍照金剛」という大師宝号を最初に唱えた人物でもある。<参考文献>五来重『増補/高野聖』

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蓮待の関連キーワード弘法大師瑜伽乗院亮深覚勝院亮怒高野山大学高野聖高野古義真言宗雅真信慧峰宿

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone