コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵開き くらびらき

4件 の用語解説(蔵開きの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蔵開き
くらびらき

新年に吉日を選んで蔵を開く儀式。江戸時代,諸大名家では初めて米蔵を開くことをいい,商家では2日の初荷の出入りで蔵を開く習いであったが,一般には1月 11日を蔵開きの日とした。当日には福神に供えた鏡餅を割って餅雑煮にして食した (→鏡開き ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くら‐びらき【蔵開き】

[名](スル)新年の吉日に、その年初めて蔵を開く祝い。一般に1月11日をその日として、商家・農家で祝いをする。 新年》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くらびらき【蔵開き】

( 名 ) スル
年の初めに、吉日を選んでその年初めて蔵を開くこと。また、その祝い。多く正月11日に行い、鏡餅を雑煮などにして食べた。江戸時代、大名が米蔵を開く儀式をしたのにはじまる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蔵開き
くらびらき

吉日を選んで年の初めに蔵を初めて開く行事。古くは正月11日にするのが決まりであった。この日はまた鏡開きの日でもあり、鏡餅(かがみもち)を下げてこれを割って雑煮を食べた。長野県北部では朝、汁粉をつくる家が多く、蔵の神に供え物をするという。神奈川県内でも蔵のある家では、この日蔵の戸を開き、米俵の上にお灯明や御神酒(おみき)をあげ、またツキゾメといって立杵(たてぎね)で米を搗(つ)いたり、ヒキゾメといって団子の粉をひいた。[大藤時彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の蔵開きの言及

【鏡開き】より

…古くは1月20日に行われていたが,江戸時代に3代将軍家光の忌日が20日であるため11日に改められたという。武家では甲冑を納めた櫃を開く具足開きが,町家では蔵開き,帳祝いが行われ,鏡餅を下げて主従や家族どうしで共食し,互いの関係を密にした。農家でも田打正月,鍬初めなどといって田畑に初鍬を入れ,そこに松や鏡餅の砕片を供えたり,臼起しといって暮に伏せた臼を起こし儀礼的に米つき等の作業をすることが行われ,同時に雑煮や汁粉を食べた。…

※「蔵開き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蔵開きの関連情報