初荷(読み)ハツニ

デジタル大辞泉の解説

はつ‐に【初荷】

正月の商い初めの商品を、問屋や商店などが、美しく飾った車や馬で取引先に送り出すこと。また、その荷。もと、2日に行われた。 新年》「痩馬(やせうま)を飾り立てたる―かな/子規
季節ものの商品の、最初の出荷。また、その

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

初荷【はつに】

正月2日の問屋や商家仕事始め江戸時代から行われ,初荷と称して馬や車に商品を積み,美しく飾り立てて送り出した。元日は休み,2日は早朝から縁起を祝って儀礼的に初商いをするというのが一般的な商家の風であった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はつに【初荷】

商家の仕事始め。正月2日に行われる儀礼的な初商いで,江戸時代からはじまった。新調したはっぴ手拭を着用し,卸商人は小売店へ,小売商人は有力な得意先へそれぞれ商品を送り込むのであるが,祝歌を歌ったりしてにぎやかに行われ,祝酒なども用意された。この日,野菜の初出荷をする農家もあった。車には初荷の幟(のぼり)旗が立てられるが,かつて馬を用いていたころには,馬を美しい鞍や綱で飾りたて,華やかな気分を盛りあげた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はつに【初荷】

正月の初商いの日に、荷を美しく飾って送り出すこと。また、その荷。 [季] 新年。
季節商品などの、その年最初の荷。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

初荷
はつに

正月2日、商家の仕事始めの儀礼。またそのとき積み出す商品。農・山・漁村や各家の仕事始めを見習ったもので、問屋や小売店が商品を荷車に載せて飾りたて、にぎやかにはやしながら得意先に届けるものであった。幟(のぼり)に「初荷」と書いて荷物に立てたりした。大八車、馬車、馬の背で運ぶこともあった。現在は流通機構の変化に伴い、八百屋(やおや)の店先に白菜を積み上げて初荷としたり、年初の配達のときトラックに初荷の旗を立てるなどの例はあるが、実質的には消滅した。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初荷の関連情報