コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕤賓 スイヒン

大辞林 第三版の解説

すいひん【蕤賓】

中国音楽の音名。十二律の七番目の音。日本の十二律の鳧鐘ふしように相当。
陰暦五月の異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の蕤賓の言及

【鳧鐘】より

…日本音律の十二律の中の一音名。基音とする壱越(いちこつ)から上7番目の音で,中国十二律の蕤賓(すいひん),洋楽の嬰ト(変イ)にほぼ相当する音。また,古代中国の鐘の名に鳧鐘があり,梵鐘や念仏に用いる小さな鉦(かね)を鳧鐘ということもある。…

※「蕤賓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android