コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄雪草 ウスユキソウ

デジタル大辞泉の解説

うすゆき‐そう〔‐サウ〕【薄雪草】

キク科の多年草。本州以西の山地に自生。高さ25~50センチ。葉は先がとがり、裏面に白い綿毛が密生。夏から秋、茎の先に苞(ほう)状の葉が数枚出て、その中央に、白い綿毛をつけた灰白色の小花が集まって咲く。近縁種にエーデルワイスがある。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うすゆきそう【薄雪草】

キク科の多年草。高原に生える。高さ約30センチメートル。葉は披針形。茎・葉裏・茎頂の総苞そうほうに白い綿毛がある。夏、黄色みを帯びた小花を密につけ、その周囲に苞葉が数個星形に開出する。エーデルワイスとは近縁。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

薄雪草 (ウスユキソウ)

学名:Leontopodium japonicum
植物。キク科の多年草,高山植物,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

薄雪草の関連キーワード披針形至仏山月山葉裏

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android