薩埵徳軒(読み)さったとくけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薩埵徳軒
さったとくけん

[生]安永7(1778).京都
[没]天保7(1836)
江戸時代後期の心学者。儒者藁川の子。名は敬徳,字は君恪。初め儒学を学んだが,のち上河淇水の門に入り,時習舎舎主となった。門人柴田鳩翁がある。著書『徳軒道話』 (1836) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

薩埵徳軒 さった-とくけん

1778-1836 江戸時代後期の心学者。
安永7年1月17日生まれ。薩埵元雌(げんし)の長男。父と猪飼敬所(いかい-けいしょ)に儒学をまなぶが,石門心学をこころざす。時習舎でおしえ,天保(てんぽう)元年楽行舎をおこした。門弟に柴田鳩翁(きゅうおう)がいる。遺著に「徳軒道話」。天保7年9月21日死去。59歳。京都出身。名は敬徳。字(あざな)は君格。通称は完蔵,与左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

薩埵徳軒 (さったとくけん)

生年月日:1778年1月17日
江戸時代後期の心学者
1836年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android