薬医門(読み)ヤクイモン

大辞林 第三版の解説

本柱の後方に控え柱を立て、その上に女梁めうつばり・男梁おうつばりをかけ、切妻屋根をのせた門。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 門の一種。現在は本柱と控柱各二本ずつと、冠木、男梁(おうつばり)、女梁(めうつばり)などから成り、屋根が切妻破風造りのものをいう。桃山時代の大工書「匠明」では棟門の簡単なものとし、「裏門也」と記している。〔庭訓往来(1394‐1428頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の薬医門の言及

【門】より

…屋根は切妻造であるが,近世以後は入母屋造のものもでき,また唐破風(からはふ)形にしたものも現れる。 薬医門(図5)は側柱が片側だけにあるもので,本柱は門の中心より前方にあり,棟の真下にこない。この名称の起源については諸説があるが明らかでない。…

※「薬医門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薬医門の関連情報