コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藍鮫 アイザメ

デジタル大辞泉の解説

あい‐ざめ〔あゐ‐〕【藍×鮫】

ツノザメ科アイザメ属の海水魚の総称。日本では、アイザメ・オキナワヤジリザメ・ゲンロクザメ・タロウザメの4種が太平洋側の深海にすむ。全長約1メートル。
藍色を帯びる鮫皮。刀剣の柄や鞘(さや)の装飾に使用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あいざめ【藍鮫】

ツノザメ目ツノザメ科アイザメ属の海魚の総称。アイザメ・ゲンロクザメなどがいる。全長1メートル 内外。肉は練り製品の原料とし、皮は刀の鞘さやや柄つかの外装に用いる。関東以南の深海に分布。
藍色を帯びた鮫皮。刀の鞘を巻くのに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

藍鮫 (アイザメ)

学名:Centrophorus atromarginatus
動物。ツノザメ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

藍鮫の関連キーワード練り製品町人拵え海魚