コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原兼長 ふじわらの かねなが

2件 の用語解説(藤原兼長の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原兼長 ふじわらの-かねなが

1138-1158 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
保延(ほうえん)4年生まれ。藤原頼長(よりなが)の子。母は源師俊の娘。仁平(にんびょう)3年(1153)参議,同年権(ごんの)中納言となり,翌年右近衛(うこんえの)大将を兼任。正二位。保元(ほうげん)の乱に際して父に連座,出雲(いずも)(島根県)に流された。配所で保元3年1月死去。21歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原兼長

没年:保元3.1(1158)
生年:保延4.5(1138)
平安後期の公卿。左大臣藤原頼長と権中納言源師俊の娘の子。久安4(1148)年叙爵,侍従,右少将,右中将を経て,久安5年従三位に叙されて公卿の座に列し,以後皇后宮権大夫,仁平3(1153)年には正二位参議,同年権中納言と迅速に昇進を重ねた。久寿1(1154)年右大将を兼任。保元の乱(1156)において,父頼長に従って崇徳上皇方につき敗北。連座の罪を問われ,除名・配流の処分を受け,出雲国へ流される。配所において21歳の若さで死去。

(上杉和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原兼長の関連キーワード小倉季種九条院四納言花山院忠雅藤原顕長藤原公通藤原実行藤原隆忠藤原多子藤原宗家

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone