コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原兼長 ふじわらの かねなが

2件 の用語解説(藤原兼長の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原兼長 ふじわらの-かねなが

1138-1158 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
保延(ほうえん)4年生まれ。藤原頼長(よりなが)の子。母は源師俊の娘。仁平(にんびょう)3年(1153)参議,同年権(ごんの)中納言となり,翌年右近衛(うこんえの)大将を兼任。正二位。保元(ほうげん)の乱に際して父に連座,出雲(いずも)(島根県)に流された。配所で保元3年1月死去。21歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原兼長

没年:保元3.1(1158)
生年:保延4.5(1138)
平安後期の公卿。左大臣藤原頼長と権中納言源師俊の娘の子。久安4(1148)年叙爵,侍従,右少将,右中将を経て,久安5年従三位に叙されて公卿の座に列し,以後皇后宮権大夫,仁平3(1153)年には正二位参議,同年権中納言と迅速に昇進を重ねた。久寿1(1154)年右大将を兼任。保元の乱(1156)において,父頼長に従って崇徳上皇方につき敗北。連座の罪を問われ,除名・配流の処分を受け,出雲国へ流される。配所において21歳の若さで死去。

(上杉和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

藤原兼長の関連キーワード藤原兼長県内への避難者佐藤継信ボローニャ大学後白河天皇袋草紙康朝後白河天皇惇子内親王上西門院

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone