コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原小黒麻呂 ふじわらの おぐろまろ

3件 の用語解説(藤原小黒麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原小黒麻呂 ふじわらの-おぐろまろ

733-794 奈良時代の公卿(くぎょう)。
天平(てんぴょう)5年生まれ。北家藤原鳥養(とりかい)の次男。母は大伴道足の娘。宝亀(ほうき)10年(779)参議。翌11年伊治呰麻呂(いじの-あざまろ)の乱で持節征東大使となり,功により正三位となる。延暦(えんりゃく)9年大納言にのぼり,中務卿,皇后宮大夫を兼任。延暦13年7月1日死去。62歳。贈従二位。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原小黒麻呂

没年:延暦13.7.1(794.7.31)
生年:天平5(733)
奈良時代の貴族。藤原鳥養と大伴道足の娘の子。房前の孫。藤原仲麻呂の乱(764)の功績で従五位下,伊勢守に叙任。以後,式部少輔,中衛少将,右衛士督,また上野(群馬県)などの地方長官を歴任し,宝亀10(779)年参議。翌年藤原継縄にかわって征東大使として征夷に当たったが,成果はあげていない。延暦9(790)年,大納言に昇任し,長岡京,平安京遷都の土地調査を行った。妻である秦嶋麻呂との間に生まれた葛野麻呂は,22年,遣唐大使を務めている。娘上子は桓武天皇の後宮に入り,滋野内親王を産んでいる。

(増渕徹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのおぐろまろ【藤原小黒麻呂】

733‐794(天平5‐延暦13)
奈良末・平安初頭の官人。藤原房前(ふささき)の孫で母は大伴道足の娘。764年(天平宝字8)恵美押勝の乱の論功により従五位下となり,伊勢守,式部少輔などを経て,光仁朝に急速に位階,官職ともに昇進し,779年(宝亀10)参議,翌年陸奥で伊治呰麻呂(いじのあざまろ)の乱が起こると持節征東大使となり,その翌年には陸奥出羽按察使(あぜち)を兼ね,さらには兵部卿となった。その戦況ははかばかしくなかったが,京へもどると功により正三位を授けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原小黒麻呂の関連キーワード出羽柵普照延暦阿倍老人石川垣守出雲太田栄叡神社老麻呂善謝藤原帯子