藤原敦兼(読み)ふじわらの あつかね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原敦兼 ふじわらの-あつかね

1079-? 平安時代後期の官吏,雅楽家。
承暦(じょうりゃく)3年生まれ。藤原敦家の子。母は藤原顕綱の娘兼子。尾張(おわり),但馬(たじま)などの国守,刑部卿を歴任し,正四位下にいたる。父にまなび,篳篥(ひちりき)をよくした。保延(ほうえん)4年60歳で出家。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android