コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成王 セイオウ

4件 の用語解説(成王の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せい‐おう〔‐ワウ〕【成王】

[前1115?~前1079?]中国、の第2代の王。若年で武王を継ぎ、叔父の周公召公奭(しょうこうせき)らの補佐を受けて周の基礎を確立したといわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せいおう【成王 Chéng wáng】

?‐前626
中国,春秋楚の王。在位,前671‐前626年。文王の子。名は熊惲(ゆううん)。兄の荘敖(そうごう)を殺して王位につき,はじめて周に貢献し,周王から南方の鎮定をゆだねられ,しだいに版図を拡大するが,やがて中原の諸国と対立。このころ覇者となった晋の文公と城濮(じようぼく)に戦って大敗(前632)した。やがて王位の継承に伴う内紛から太子の商臣に攻められ自殺し,商臣が立って穆王(ぼくおう)となった。【永田 英正】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいおう【成王】

中国、周の第二代の王。武王の子。初め叔父周公旦が摂政。のち親政し、洛陽に新都の成周を営み、東方の淮夷わいいを平定した。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成王
せいおう

中国、周王朝第2代の王。紀元前11世紀ごろの人。武王の子。名は誦。幼年で即位したので叔父の周公旦(たん)が摂政(せっしょう)となった。このとき殷(いん)の王族である武庚禄父(ぶこうろくほ)および武王の子で管、蔡(さい)に封ぜられた者たちが反乱を起こした。周公は召公とともにこれを鎮定し、さらに東方の大遠征を行い、帰国後、河南の洛邑(らくゆう)に東都を築き、東方諸侯の重鎮とした(成王が遷都したともいう)。周公は摂政7年で成王に政(まつりごと)を返還したという。成王のときに、宋(そう)(微子啓(びしけい))、魯(ろ)(伯禽(はくきん))、衛(康叔(こうしゅく))、晋(しん)(唐叔(とうしゅく))など一族功臣の大封建を行い、周公、召公の補佐もあって、周王朝の基礎が確立されたという。[宇都木章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成王の関連キーワードバビロン第1王朝穆公荘王文公句践アハズアンティオコス[7世]タルクイニウス家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

成王の関連情報