藤原有穂(読み)ふじわらの ありほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「藤原有穂」の解説

藤原有穂 ふじわらの-ありほ

838-908* 平安時代前期-中期公卿(くぎょう)。
承和(じょうわ)5年生まれ。北家藤原末茂(すえしげ)の曾孫(そうそん)。左近衛(さこんえの)少将,蔵人頭(くろうどのとう),右大弁などをへて,寛平(かんぴょう)5年(893)参議となる。従三位,中納言にすすみ,民部卿をかねた。「延喜格(えんぎきゃく)」「延喜式」の編集に参加。延喜7年12月21日死去。70歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android