コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原清正 ふじわらの きよただ

2件 の用語解説(藤原清正の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原清正 ふじわらの-きよただ

?-958 平安時代中期の官吏,歌人。
藤原兼輔(かねすけ)の次男。左近衛(さこんえの)少将をへて従五位上,紀伊守(きいのかみ)となる。三十六歌仙ひとりで,壬生忠見(みぶの-ただみ),藤原敦忠(あつただ)らと親交があった。天暦(てんりゃく)期の歌合わせで活躍し,「後撰和歌集」以下の勅撰集に28首がはいる。天徳2年7月死去。家集に「清正集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原清正

没年:天徳2.7(958)
生年:生年不詳
平安中期の歌人。堤中納言兼輔の子。蔵人,斎院長官,左近衛少将などを経て,紀伊守に至る。三十六歌仙のひとり。天暦の内裏歌合に度々詠進し,屏風歌も多く制作するなど,村上,朱雀両天皇期に活躍した専門歌人。『後撰集』以下の勅撰集に28首が入集している。家集に,勅撰集的な部立によって構成された他選家集『清正集』がある。「石上ふりにし里を来て見れば昔かざしし花咲きにけり」「天雲の立ちのみさわぐ秋の夜は月影さへぞしづ心なき」の歌の如く,技巧発想ともに古今調を基にした,平明で流麗な調べの叙景歌を得意とした。<参考文献>山口博『王朝歌壇の研究/村上・冷泉・円融朝篇』

(中周子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原清正の関連キーワード藤原俊忠万里小路建房中納言堤中納言物語桜町中納言堤中納言藤原兼輔藤原公通藤原宗家源師仲

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone