コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原鉄乗 ふじわら てつじょう

1件 の用語解説(藤原鉄乗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原鉄乗 ふじわら-てつじょう

1879-1975 明治-昭和時代の僧。
明治12年1月27日生まれ。早大在学中に清沢満之(まんし)の影響をうけ浩々洞同人となり,明治44年真宗大谷派から出家。大正5年金沢で暁烏敏(あけがらす-はや),高光大船(たかみつ-だいせん)と愚禿(ぐとく)社をつくり,雑誌「氾濫(はんらん)」を刊行。昭和4年から雑誌「太原」を主宰した。昭和50年2月16日死去。96歳。新潟県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤原鉄乗の関連キーワード菅原栄海古宇田実佐藤泰舜中山玄秀奈良磐松華園真淳本野亨和田性海渡辺大濤孤峰智璨

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone