コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原顕仲 ふじわらの あきなか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原顕仲 ふじわらの-あきなか

1059-1129 平安時代後期の官吏,歌人。
康平2年生まれ。藤原資仲(すけなか)の子。陸奥守(むつのかみ)藤原基家の養子。従四位下,左兵衛佐(すけ)となる。「堀河院御時百首和歌」の作者のひとりで,「金葉和歌集」以下の勅撰集に18首。「金葉和歌集」への不満から「良玉集」を私撰したが,現存しない。大治(だいじ)4年1月3日死去。71歳。通称は佐顕仲,勝間田兵衛佐など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原顕仲の関連キーワード堀河百首六条家

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android