藤原顕仲(読み)ふじわらの あきなか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原顕仲 ふじわらの-あきなか

1059-1129 平安時代後期の官吏,歌人。
康平2年生まれ。藤原資仲(すけなか)の子。陸奥守(むつのかみ)藤原基家の養子。従四位下,左兵衛佐(すけ)となる。「堀河院御時百首和歌」の作者のひとりで,「金葉和歌集」以下の勅撰集に18首。「金葉和歌集」への不満から「良玉集」を私撰したが,現存しない。大治(だいじ)4年1月3日死去。71歳。通称は佐顕仲,勝間田兵衛佐など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android