藤原顕仲(読み)ふじわらの あきなか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原顕仲 ふじわらの-あきなか

1059-1129 平安時代後期の官吏,歌人。
康平2年生まれ。藤原資仲(すけなか)の子。陸奥守(むつのかみ)藤原基家の養子。従四位下,左兵衛佐(すけ)となる。「堀河院御時百首和歌」の作者のひとりで,「金葉和歌集」以下の勅撰集に18首。「金葉和歌集」への不満から「良玉集」を私撰したが,現存しない。大治(だいじ)4年1月3日死去。71歳。通称は佐顕仲,勝間田兵衛佐など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android