成る(読み)ナル

デジタル大辞泉「成る」の解説

な・る【成る/為る】

[動ラ五(四)]
物事ができ上がる。実現する。成就する。「ついに五連覇が―・る」「念願―・って一人立ちする」
今までと違った状態・形に変わる。「氷が水に―・る」「血と―・り肉と―・る」

㋐ある時分・時期などに至る。「夜に―・る」「結婚して一〇年に―・る」
㋑ある数値に達する。「積み上げると三メートルにも―・る」「全部で千円に―・る」
ある働きをする。作用する。「不用意な発言が紛糾のもとと―・る」「将来のために―・る話」
許すことができる。許して、よいとする。「負けて―・るものか」「勘弁―・らない」→ならない2
(「手になる」「筆になる」などの形で)その人によってつくられる。「名工の手に―・る茶碗」「空海の筆に―・る書」
(「…からなる」の形で)全体がそれによって構成される。「前編と後編とから―・る」「組織は三部門から―・る」
(「人の…になる」の形で)他からその恩恵を受ける。「先輩の世話に―・って就職する」「出先でごちそうに―・る」
将棋で、王将・金将以外のが、敵陣三段目以内に入ったとき、また、そこに打ったそれらの駒が動いたとき、裏返しになり、飛車・角行かくぎょうは本来の働きのほかに金将・銀将の働きをあわせもち、他の駒はすべて金将と同じ働きをするようになる。
10 役や位につく。任命される。
「四位にも―・るべき年にあたりければ」〈大和・四〉
11 落ちぶれる。なれの果てになる。
「入道かたぶけうどする奴が―・れる姿よ」〈平家・二〉
12 酒が飲める。上戸である。
「さて、この鬼も酒が一つ―・るいやい」〈虎寛狂・伯母が酒
13 (「お…になる」「ご…になる」の形で)尊敬の意を表す。…なさる。「お休みに―・る」「ご訪問に―・る」
14 (中世以降、動作を表す名詞に付いて)非常に高い敬意を表す。…なさる。…になる。
法皇、夜をめて、大原の奥へぞ御幸―・る」〈平家灌頂
[可能]なれる
[下接句]足が棒になるあしたには紅顔ありて夕べには白骨となる後のかりが先になる後は野となれ山となれ打って一丸いちがんとなる絵になる男になる女になる陰になり日向ひなたになり江南こうなんたちばな、江北のからたちとなるさまになる杓子しゃくし耳掻みみかきにならず朱に交われば赤くなる相撲にならない泉下の客となる滄海そうかい変じて桑田そうでんとなるちりも積もれば山となる土になる毒にも薬にもならないとらになる習いせいとなる根葉ねはになる灰になる馬鹿ばかにならない馬鹿になる白玉楼中の人となる話にならない人となる身二つになるミイラ取りがミイラになる水になる目頭が熱くなる物になる
[類語]出来る成り立つ仕上がる出来上がる仕上げる適う成就達成大成速成実現完成成立出来しゅったい樹立確立存立打ち立てる成功奏功上首尾結実開花実を結ぶ花開く物になる揃う格好がつく様になる型にはまる枠にはまる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android