コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤堂凌雲

2件 の用語解説(藤堂凌雲の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

藤堂凌雲

幕末・明治の南画家。伊勢津生。名は良驥、字は千里。画家藤堂梅花の子。山本梅逸に学び花鳥を能くする。門下に大出重皐がいる。明治19年(1886)歿、78才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤堂凌雲 とうどう-りょううん

1809-1886 江戸後期-明治時代の画家。
文化6年生まれ。山本梅逸(ばいいつ)に師事。維新後上京し,花鳥画をえがいた。門下に大出東皐(とうこう)がいる。明治19年11月30日死去。78歳。伊勢(三重県)出身。名は良驥。字は千里。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤堂凌雲の関連キーワード北島全孝加藤景久狩野水子志倉為流柴田游翁関直吉堤玄徳徳含中村仲蔵(江戸系・3代)広田精知

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone