コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当(た)り/中り アタリ

1件 の用語解説(当(た)り/中りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あたり【当(た)り/中り】

[名]
あたること。
㋐ぶつかること。「立ち合いの―が強い」
㋑命中すること。的中。「福引で―を出す」⇔はずれ
㋒催しや企画などが思ったとおりになること。成功。「―の商品」⇔はずれ
㋓野球などの打撃の調子。「四番打者に―が戻る」
接触すること。触れること。
㋐舌や手にさわった感じ。舌ざわり。手ざわり。「―がなめらかだ」
㋑手掛かり。見当。「犯人の―がついた」
㋒人に接する態度。交際のぐあい。「―が柔らかい人」
㋓釣りで、魚がえさに食いつくこと。また、その瞬間に釣り人の受ける感触。魚信。「―はあるが、かからない」
㋔からだに害となること。中毒。多く他の語と複合して用いられる。「食―」「暑気―」
果物の傷やいたんだ部分。「―のあるリンゴ」
囲碁で、あと一手で相手方の石が取れる状態。
仕返し。返報。
「謀られたる―とぞ云ひける」〈宇治拾遺・五〉
むごい扱い。仕向け。
「茂兵衛殿への―は皆悋気(りんき)から起こった事」〈浄・大経師
[接尾]「一」または単位を表す語に付いて、それに対しての割り当て・割合の意を表す。「一石(こく)―の米価」「一人―千円」
[下接語]大当たり風当たり口当たり小当たり心当たり作当たり差し当たり暑中(あた)り暑気中り食当たり総当たり体当たり突き当たり手当たり戸当たり毒当たり場当たり馬鹿当たり罰(ばち)当たり日当たり冷え中り一当たり人当たり不当たり・船(ふな)中り・紛(まぐ)れ当たり水中り八つ当たり湯中り行き当たり嫁当たり

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

当(た)り/中りの関連キーワード衡量困難当選撞着当否行当る大当り体当り掴み取り的中

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone