コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤村性禅 ふじむら せいぜん

1件 の用語解説(藤村性禅の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤村性禅 ふじむら-せいぜん

1853-1911 明治時代の平曲家(平家琵琶(びわ)家)。
嘉永(かえい)6年2月22日生まれ。波多野流の奥村検校(けんぎょう)の門人。明治2年検校となる。「平家正節」を使用せず古譜をもちいたので「平家物語の平家」といわれた。門下に山口巌,津田青寛らがいる。明治44年5月23日死去。59歳。京都出身。本名は藤村繁蔵(藤邨繁三ともかく)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の藤村性禅の言及

【波多野流】より

…以後波多野流は京都を中心に伝承されたが,流勢はふるわなかった。明治時代に当道(とうどう)が廃止されたため,時の波多野流検校藤村性禅(1853‐1911)は収入の道を失い,按摩などをしながら津田青寛,山口巌などの盲人箏曲家や,冷泉為系,湯浅半月などのしろうと愛好家に平曲を伝えた。しかし,その伝承も第2次世界大戦後は途絶えて今日には伝わらない。…

【平曲】より

…前田流を伝えた津軽藩士の家の出である館山漸之進(ぜんのしん)(1845‐1916)はこうした平曲の衰運を嘆き,明治末年,平曲の保存と平曲家の育成に奔走し,1910年《平家音楽史》を自費出版するなど,平曲保存に力を尽くした。一方,京都に伝えられた波多野流は,最後の検校といわれた藤村性禅(しようぜん)(1853‐1911)の門下に専門家,しろうと合わせて何人かの弟子があったが,第2次世界大戦後,後継者は絶えた。
[構成と音楽的性格]
 《平家物語》は〈小督〉〈宇治川〉など200余の章段からなるが,平曲ではその章段を〈句〉とよぶ。…

※「藤村性禅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤村性禅の関連キーワード明石覚一荻野検校小山内鉄弥河瀬検校高山検校館山甲午土居崎正富長瀬勝男一疋田検校福住検校

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone