藤植検校(読み)ふじうえけんぎょう

  • ふじえけんぎょう
  • 藤植検校 ふじうえけんぎょう
  • 藤植検校 ふじえけんぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

18世紀半ばに活躍した盲人音楽家。〈藤上〉とも書く。都名(いちな)は喜古一。1736年(元文1)岡永検校わさ一のもとで,検校に登官。胡弓の弦数を3弦から4弦に改め(第3,第4弦同調律の複弦),以後この四弦胡弓による胡弓音楽が,江戸で藤植流として普及した。《(さかえ)獅子》《越天楽》《鶴の巣籠》などの本曲12曲のほか,《岡康(安)砧》《松竹梅》も本曲に加えられる。山田流箏曲と結びついて,その三曲合奏の胡弓のパートを外曲として伝承

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の藤植検校の言及

【山田流】より

…筑紫箏,沖縄箏曲,松代八橋流などは,それぞれまた異なる爪を使用する。なお,山田流と結びついた胡弓の流派には,藤植(ふじえ)検校を祖とする藤植流と,関松翁を祖とする松翁流があるが,それらの演奏家は,山田流箏曲家をも兼ねている。【平野 健次】。…

※「藤植検校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android