コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡康砧/岡安砧 オカヤスギヌタ

デジタル大辞泉の解説

おかやすぎぬた〔をかやすぎぬた〕【岡康砧/岡安砧】

箏曲(そうきょく)。山田流手事物。作曲者不明。一説に、享保・元文年間(1716~1741)に岡安小三郎が作曲したという。胡弓(こきゅう)の曲に編曲されて伝えられ、明治20年ごろ、山室保嘉箏曲として復活。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

岡康砧【おかやすぎぬた】

山田流箏曲の曲名。原曲の作曲には諸説があって判然としない。文政11年以前には山田流箏曲として行われていた可能性もあるが,現行のものは,藤植流胡弓本曲を明治20年代に山室保嘉らが胡弓入りの箏・三弦合奏曲としたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

おかやすぎぬた【岡康砧】

箏曲そうきよくの一。山田流。手事物。胡弓こきゆうの曲として伝えられ、明治時代、山室保嘉が箏曲に復活。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡康砧
おかやすきぬた

箏曲(そうきょく)の曲名。原曲の作曲者については諸説あってさだかでない。山田流の場合、現行曲は、藤植(ふじえ)流の胡弓(こきゅう)曲を明治20年代に山室保嘉(やすよし)が中心になって箏曲に作曲したものである。夜半に、遠くから聞こえてくる砧(きぬた)を打つ音が、時雨(しぐれ)の雨音と重なり、なんともいえぬ情趣を醸し出すようすを歌う。手事(てごと)とよばれる長い間奏部分に、テンレンテンレンと砧を打つリズムが規則的に現れ、替手の箏がバリエーションのリズムを刻む。箏の器楽的可能性を追求した作品といえよう。[茂手木潔子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

岡康砧/岡安砧の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android