コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤植流 ふじえりゅう

3件 の用語解説(藤植流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤植流
ふじえりゅう

胡弓の流儀名。江戸時代宝暦年間 (1751~64) に藤植検校が,三弦の胡弓を四弦に改めたことから起った流派。以来5代を経て上崎勾当 (一説に藤上検校) から山室保嘉,千代子へと伝承されて今日にいたっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじうえ‐りゅう〔ふぢうゑリウ〕【藤植流】

胡弓(こきゅう)の流派。宝暦年間(1751~1764)に江戸の藤植検校が、従来の3弦の胡弓を4弦に改良して創始。ふじえりゅう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふじうえりゅう【藤植流】

〔「ふじえりゅう」とも〕
胡弓こきゆうの流派。宝暦(1751~1764)頃、江戸の藤植検校けんぎようの創始。三弦であった胡弓を四弦に改めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤植流の言及

【藤植検校】より

…1736年(元文1)岡永検校わさ一のもとで,検校に登官。胡弓の弦数を3弦から4弦に改め(第3,第4弦同調律の複弦),以後この四弦胡弓による胡弓音楽が,江戸で藤植流として普及した。《栄(さかえ)獅子》《越天楽》《鶴の巣籠》などの本曲12曲のほか,《岡康(安)砧》《松竹梅》も本曲に加えられる。…

※「藤植流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤植流の関連キーワード玉置流鳥飼流りゅうりゅうイエリユウリュウリュウ近衛竜山藤江岱山藤江竜山藤倉元竜藤田景竜