コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤植流 ふじえりゅう

3件 の用語解説(藤植流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤植流
ふじえりゅう

胡弓の流儀名。江戸時代宝暦年間 (1751~64) に藤植検校が,三弦の胡弓を四弦に改めたことから起った流派。以来5代を経て上崎勾当 (一説に藤上検校) から山室保嘉,千代子へと伝承されて今日にいたっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふじうえりゅう【藤植流】

〔「ふじえりゅう」とも〕
胡弓こきゆうの流派。宝暦(1751~1764)頃、江戸の藤植検校けんぎようの創始。三弦であった胡弓を四弦に改めた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の藤植流の言及

【藤植検校】より

…1736年(元文1)岡永検校わさ一のもとで,検校に登官。胡弓の弦数を3弦から4弦に改め(第3,第4弦同調律の複弦),以後この四弦胡弓による胡弓音楽が,江戸で藤植流として普及した。《栄(さかえ)獅子》《越天楽》《鶴の巣籠》などの本曲12曲のほか,《岡康(安)砧》《松竹梅》も本曲に加えられる。…

※「藤植流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

藤植流の関連キーワード宝暦一条兼香大島蓼太田中藤六上杉治憲瀬川菊之丞天降言児童雑誌田沼時代藩学一覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone