コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山室千代子 やまむろ ちよこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山室千代子 やまむろ-ちよこ

1875-1951 明治-昭和時代の胡弓(こきゅう)奏者,箏曲(そうきょく)家。
明治8年12月25日生まれ。養父の山室保嘉(やすよし)に師事し,明治40年胡弓藤植(ふじえ)流家元をつぐ。尺八の2代荒木古童,箏の今井慶松らと移風会をおこし,共演した。山田流箏曲研究会,千代見会を主宰。門下に山田広代,市川雛代ら。昭和26年6月21日死去。75歳。東京出身。旧姓は小島,結婚して三輪。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山室千代子の言及

【藤植検校】より

…植一は第71代江戸惣録をつとめた。藤植流は,7代藤植を称した植(上)崎秋峰から,山室保嘉(1839‐1907),山室千代子(1875‐1951)と伝承され,千代子の門下が千代見会を結成してその保存につとめている。【平野 健次】。…

※「山室千代子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山室千代子の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android