コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤浪鑑 ふじなみあきら

5件 の用語解説(藤浪鑑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤浪鑑
ふじなみあきら

[生]明治3(1870).11. 名古屋
[没]1934.11.18. 京都
病理学者。 1884年帝国大学医科大学卒業,85年ドイツに留学,1900年帰国して京都帝国大学初代の病理学教授。 04年桂田富士郎らとともに日本住血吸虫を発見し,ジストマの病原体と感染経路の研究をした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤浪鑑 ふじなみ-かん

ふじなみ-あきら

藤浪鑑 ふじなみ-あきら

1871*-1934 明治-昭和時代前期の病理学者。
明治3年11月29日生まれ。藤浪方岳の長男。ドイツ留学後,明治33年京都帝大教授となる。移植可能な家鶏肉腫(にくしゅ)(藤浪肉腫)の発見で知られる。大正7年日本住血吸虫症の研究で学士院賞。昭和9年11月18日死去。65歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじなみあきら【藤浪鑑】

1870‐1934(明治3‐昭和9)
病理学者。藤浪肉腫の創始者。名古屋生れ。東大卒後,同大病理学教室に入り山極勝三郎に就く。ドイツに留学し,ベルリン大学などで学び,1900年帰国と同時に京都大学の初代の病理学教授となる。11年満州(現,中国東北部)にペストが発生し,奉天で万国ペスト会議が行われるに際し,日本から北里柴三郎らとともにこれに出席。脚気,寄生虫病ことに日本住血吸虫症の研究(これに対し1918年学士院賞)のほか,実験腫瘍学の分野では家鶏肉腫の病理についての仕事があり,藤浪肉腫(1908)の名は世界に知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤浪鑑
ふじなみあきら
(1870―1934)

病理学者。明治3年11月29日、名古屋に生まれる。尾張(おわり)藩の侍医藤浪萬得の長男。放射線医学者の藤浪剛一(ごういち)の兄。1895年(明治28)東京帝国大学医科大学を卒業。翌1896年ドイツに留学して病理学を専攻し、1900年(明治33)帰国とともに京都帝国大学医科大学教授に任ぜられた。1911年肺ペスト研究のため満州(中国東北部)に出張した。1916年(大正5)『日本住血吸虫病』を出版し、1918年この研究によって帝国学士院賞を授与された。1929年(昭和4)帝国学士院会員となり、翌1930年退官。1931年京都帝大名誉教授となる。昭和9年11月18日没。[深瀬泰旦]
『天野重安編『藤浪鑑撰集』(1945・南江堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤浪鑑の言及

【癌】より

…ラウスP.Rous(1879‐1970)がニワトリの肉腫が濾過性病原体で起こることを報告したのは1911年である。同じころ(1914)日本の藤浪鑑(ふじなみあきら)もニワトリの肉腫がウイルスにより発生することをつきとめている。これらはのちにRNA型の腫瘍ウイルスであることがわかったが,ラウス肉腫ウイルスは,70年代に徹底的に研究され,現在の癌遺伝子解明の突破口をつくった。…

※「藤浪鑑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤浪鑑の関連キーワードエビングハウスピエロン吉田富三リンパ肉腫比較病理学病理生理学創始者の原理大島福造グレフ病理学者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone