コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田友閑 ふじた ゆうかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田友閑 ふじた-ゆうかん

?-? 江戸時代前期の書家。
寛永(1624-44)のころの人。松花堂昭乗(しょうかどう-しょうじょう)の弟子で,師の筆法をよくうけついだ。絵画にもすぐれた。播磨(はりま)(兵庫県)出身。通称は善兵衛別号に栄閑,彩雲翁。著作に「和国筆道三秘略鈔」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤田友閑の関連キーワード富島瑞峰書家寛永

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤田友閑の関連情報