蘇頲(読み)そてい(英語表記)Su Ting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「蘇頲」の解説

蘇頲
そてい
Su Ting

[生]咸亨1 (670)
[没]開元15 (727)
中国,初唐~盛唐の政治家,文学者。雍州武功(陝西省)の人。字は廷碩(ていせき)。諡は文憲。名門の出身で幼少から俊才の名が高かった。永隆1(680)年進士に及第,烏程(浙江省)の尉から監察御史にのぼり,中宗のとき中書舎人,玄宗のとき信任されて中書侍郎,開元4(716)年宰相となり,廉潔の名が高かった。その間,父瓌の跡を襲って許国公に封じられている。文章家としては燕国公となった張説と並んで「燕許大手筆」と称され,詩人としても沈佺期らと初唐の宮廷詩人として活躍,律詩の形式の完成に力があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android